TOP>>肛門科>>肛門病とは?>>肛門湿疹

肛門湿疹
(こうもんしっしん)

 
肛門湿疹とは?
肛門周辺部に色々な原因によって痒みやしみるような違和感を伴う病気。
主な原因は?
排便後に肛門周囲の皮膚に便が付着しておこるアルカリ性皮膚炎、不潔による真菌感染、汗やいきみすぎによるかぶれ、シャワー付きトイレによる頻回の洗浄等の刺激で発症します。
なりやすい人は?
香辛料・コーヒー・アルコール等を多く摂取される人。
軟便・下痢を繰り返す人。
お尻をシャワー付きトイレや石鹸等で頻回に洗う綺麗好きな人。
排便のとき、いきみすぎる人。
仕事上、肛門にリラックスできない人。

症状
肛門部の痒み(特にお風呂上り後に症状が強くなるのが特徴)や
痛み、しみるような感じ、肛門のべとつきなど。

発生部位
 肛門周辺部。  
好発年齢・性別
 年齢・性別に関係なく認められます。
病気に気付いたら?
 自己判断で軟膏をつけないで、専門病院を受診してください。似たような症状で悪性腫瘍(肛門がん・paget病・悪性リンパ腫など)を認める場合があります。
 
診断方法
 専門医がよく診ればわかりますが、検査が必要です。
検査法
 表皮の真菌検査・pH(水素イオン濃度)の計測、必要に応じて組織診を行います。
治療法
当院のケアの基準があります。
抗真菌剤・抗炎症剤・抗ヒスタミン剤・ステロイド軟膏で処置します。
当院の治療実績
 
薬について
湿疹用の軟膏(ステロイドや炎症を抑えるもの)。
予防法
香辛料・コーヒー・アルコール・チョコレート等は控えてください。
座る仕事の方は、まめに立つようにしてお尻を蒸れさせないようにします。
お風呂の時、おしりはお湯で洗うだけにしましょう。
ひとことアドバイス

  シャワー付きトイレは、ほどほどに使いましょう。